芋煮 献立

おばね郷土料理 <芋煮>

2つの保育園に7年間、栄養士として勤務。 朝の苦手な学生諸君は、仕方なく広瀬川をさかのぼって作並や奥新川あたりまで仙山線で出かけていました。

もっと

芋煮の歴史|山形の郷土料理「芋煮」

フードコーディネーター。

もっと

山形名物・芋煮のすべて ―地元愛強すぎレシピから、芋煮会の楽しみ方まで

【2】ボウルにひき肉を入れて指先で1分練り、【1】と【A】を加えて2分練り、8等分して円盤形に丸める(時間があれば冷蔵庫に20分おく)。 かぶとかぶの葉も細かく切る。

もっと

おばね郷土料理 <芋煮>

ダシが利いていて何気に美味しいので、よかったらお試しください。 同じ県内で根付く同じ名前の料理なのに、2種類の味が存在する……なかなかユニークです。 秋の芋煮会の会場探しで苦労した思い出があります。

もっと

芋煮に「もう一品」副菜献立

さらに、日本酒を用意して、お新香と芋煮があれば、もう最強です。 にんじんはゆでて5mm角に切る。 *好みでのりを巻いたり、漬け物などを添えても。

もっと

山形名物・芋煮のすべて ―地元愛強すぎレシピから、芋煮会の楽しみ方まで

教えてくれたのは 松尾みゆきさん 管理栄養士・料理研究家・フードコーディネーターとして、テレビや雑誌、書籍等、幅広く活躍。

もっと

芋煮に「もう一品」副菜献立

愛ゆえに 「 庄内の芋煮なんて豚汁じゃん、やっぱり内陸風が一番だよ」 「 いやいや内陸のはすき焼きもどき?庄内風の方がしみじみおいしいよ」 などと争うようなやりとりも毎年のように耳にします。

もっと

山形名物・芋煮のすべて ―地元愛強すぎレシピから、芋煮会の楽しみ方まで

『聞き書 山形の食事』(農文協1988年)には、山形県内の内、村山地方(山形市近辺)、県南置賜地方(米沢市近辺)、県北最上地方 新庄市近辺)で「芋の子汁」が食べられていたとあります。 もちろんそれぞれの良さがあるって心の中ではわかっているんですよね。 ラップで包んで詰めても。

もっと