学 法 石川 サッカー

石川直宏

日本代表 [11月23日 20:06]• 2003年:初出場 - vs 出場大会など [ ]• Jリーグ:アーカイブ 2013年12月29日• ACL [12月8日 0:58]• 後ろが集中力を切らさず粘り強くゼロで抑えられたのが良かった。 来歴 [ ] プロ入り前 [ ] 5歳の時にサッカーを始める。

もっと

石川県高体連 サッカー専門部

日本代表 [11月24日 19:48]• U-21日本代表• 99頁• 12月2日、最終節の戦では今季初出場を飾り、味の素スタジアムで最後の出場となった。 エピソード [ ]• 消化不良のままグループリーグでの敗退が決定。 2002年10月29日• Jリーグ:アーカイブ 2011年11月6日• 2002年 3位 、 準優勝• 2トップのFWという新たな起用法の中、躍動感あふれるプレーを見せていたが 、8月の親善試合戦で左膝前十字靭帯を断裂し( 、石川自身は「よく(ここまで)もってくれた」と述懐。

もっと

石川直宏

鋭い突破でマークをかわし、打ったシュートがゴール左隅に決まると、そのまま1-0でタイムアップを迎えた。

もっと

石川県高体連 サッカー専門部

J2 [12月6日 18:59]• 2015年4月4日• スポーツナビ 2009年10月10日• :J1・ 050試合出場 - vs• J3 [12月7日 12:56]• - (2004年3月11日アーカイブ分) FC東京 2002年4月23日• 良い内容で決勝まで勝ち進むと勘違いするので、今日みたいに上手く行かない中で勝てるのが一番良い」と話す通り、成長するための課題を洗い出すのが一番の狙いだが、福島県の第1代表として大会に挑んでいる。 稲田正信監督は「昨日も今日も上手く行かなくても無失点で終えられたのは収穫。 J3 [11月29日 13:01]• 石川の場合は中学2年から高校3年の頃にかけて3年近く続いた。

もっと

石川直宏

- (2005年4月22日アーカイブ分) FC東京 2003年8月7日• Jリーグ:アーカイブ 2004年11月3日• 〔前GKコーチの上杉哲平氏は、1月よりJ3ギラヴァンツ北九州のトップGKコーチに就任されました。

もっと

石川県高体連 サッカー専門部

J1 [12月7日 11:36]• 2003年• U-19日本代表• 学法石川は序盤、前線からのプレスを徹底した明桜に苦戦。 1試合0得点• :J1・250試合出場 - vs 味の素スタジアム タイトル [ ] クラブ [ ] 横浜F・マリノスユース• 2010年4月7日• J2 [12月6日 19:39]• また、本大会から加わったMFら前線の選手を活かすため、サイドの選手には守備力を求めた。

もっと

3年生

138頁• 代表監督からは切り札に指名され 「ゲームの流れを変えるのに使える」と評価を得たが 、 同月17日の戦で得点直後に相手選手と接触し負傷離脱。

もっと

石川県高体連 サッカー専門部

は腰椎により 前半戦の大半の欠場を余儀なくされる。 また、を目指すU-22日本代表として活動する一方で、この年ののためのA代表に初選出される。 FC東京では新監督のによって戦意を新たにし 、と並行する過密日程の中でも好調を維持。 予備登録• J1 [12月7日 15:46]• Jリーグフェアプレー個人賞 2003年• 2001年 優勝 、 グループリーグ敗退• アテネオリンピック本大会では同じ右サイドに攻撃を得意とする石川とともに守備的なが招集されており、監督は守備重視の戦術 で大会に臨んだため、出場機会を得たのはとなったグループリーグ第3戦からだった。

もっと