北海道 廃 線 跡

「北海道のJRローカル線がいきなり廃線に…」コロナで忘れられた“鉄道3大ニュース”とは

倶知安 - 京極 - 脇方間は、改正鉄道敷設法制定以前に軽便鉄道法により計画された路線で、1919年から翌年にかけて京極軽便線(きょうごくけいべんせん。 1940年(昭和15年)12月15日に胆振縦貫鉄道(後の胆振線)が開業し、同線との分岐駅となった。

もっと

北海道3(廃線・廃車両)

廃線跡のモニュメントに警報機が設置されている。

もっと

北海道廃線路線図

(軽便鉄道)• また、無人駅であったが、ホーム中央部分の出入口附近に待合所機能のみの木造駅舎を有した。 私鉄各社は東京市内と郊外を結ぶ鉄道にビジネスチャンスを見出し、相次いで鉄道建設に進出。 1980年(昭和55年)10月まで運行されていた急行「いぶり」の停車駅であった。 〔一部:〕• この側線からは深川方に伸びる行き止まりの短い側線を1線有した。

もっと

廃線探索 深名線(歩鉄の達人)

(路面電車)• 歴史の移り変わりが目で見える 線路の途中には、現在の車通行のある場所が何か所もあります。 橋はダムの水が減少する1月頃から凍結した湖面に姿を現し、水量が増える6月頃から沈み始め、夏から秋には湖底に沈みます(天候状況などにより時期は毎年変動)。 (軽便鉄道)• 15 カウンター・ゲストブックサービスを変更しました。 〔一部:経路変更による旧線〕• なかでも、小樽市の冬の一大イベント「小樽雪あかりの路」では、雪や氷でできたさまざまなオブジェを無数のロウソクが照らす、幻想的な空間に生まれ変わります。

もっと

廃線探索 深名線(歩鉄の達人)

廃線跡の痕跡が残る。 電報略号はケフ。 ホームが千鳥式に配置された列車交換可能な交換駅であった[1]。 線路延長は 600m。

もっと

北海道廃止ローカル線の旅

駅舎は構内の東側に位置しホーム北側に接していた。

もっと