アーグラ 城塞

「囚われの塔」で有名な「アグラ城」は見どころ満載の観光スポット☆【初めてのインド旅行記♬第13弾】

などしてくださる(/Portal:建築)。 赤砂岩で築かれた外観とは対照的に、宮殿の内部には白大理石が施されており、歴代の皇帝たちの華やかな暮らしぶりが伺えます。 ムガル朝の初代皇帝バーブル(在位 1526~1530)は中央アジアのフェルガナ出身の文人皇帝で、モンゴル帝国のティムールの血を引いていた。 ムガル帝国の始まりは 1526年、デリーの北方のパーニーパットの戦いで、バーブルの軍がローディー朝を打ち破った時点にある。

もっと

アグラ城|インド 世界遺産|阪急交通社

[7]• シャー・ジャハーンが幽閉されたその場所は、白大理石に宝石を散りばめたシャー・ジャハーンお好みの部屋でした。 次の目的地に行く途中にお土産屋に連れて行かされて、そこは主に大理石を扱うお店だった。

もっと

アーグラ城塞

晩年、彼はイスラームとヒンドゥに限らず、さまざまな宗教の積極面を総合して「ディーネ・イラーヒー(神聖宗教)」という新しい宗教をつくり、人々に「アッラーフ・アクバル 神は偉大なり)」というイスラームの典礼句を唱えさせたが、それはまた「アクバルは神なり」の意でもあった。

もっと

2020年 アーグラ城塞

[1]• デリーからの「」、「」などが着く。

もっと

アーグラ城塞

この宮殿にはアジアの諸地域に由来する要素が総合されており、とりわけヒンドゥの伝統技術とペルシアの建築様式とが折衷されているのである。 さて、あっという間に到着したアーグラ城塞です! まずは南側にある「 アマル・シング門」がデーンとお出迎え! アーグラ城塞は赤砂岩で建てられているため「 赤い城」とも呼ばれています。 インドの宝石に魅了されたらお土産の購入をするのもいいですね。

もっと

「囚われの塔」で有名な「アグラ城」は見どころ満載の観光スポット☆【初めてのインド旅行記♬第13弾】

() : アーグラ市街地にある駅で、アーグラ城塞にも近い。

もっと

「囚われの塔」で有名な「アグラ城」は見どころ満載の観光スポット☆【初めてのインド旅行記♬第13弾】

[2]• 他の世界遺産を探してみても見つからないような、非常に自由度の高い建築技法で作られたこともあってか、入り口部分がかなり多くなっており、普通に観光していてもかなり迷ってしまう仕組みになっているので、方向感覚に自信のない方はなるべくガイドさんに案内してもらうようにしてみましょう。 そのため暑さで住み心地が悪く、彼はこの城の完成を待たずに、40km離れたに、1571年に新都を気づくよう命令しそこに移り住みました。 [1]• 真珠モスク Moti Masjid• 大理石を扱う高級なお土産屋さん 睡眠薬入りのお茶や、買うまで軟禁を警戒したが大丈夫だった。 高さ7メートルの花弁形の大アーチが9連もつづくファサードは圧巻であり、中央の奥には一段高い玉座が設けられている。

もっと