南海 トラフ 地震 長野 県

5分でわかる長野県で起きる地震発生の確率と被害予想について

) 1627年10月22日 (寛永4) 松代 6.0 死者あり、家屋倒壊80棟。 千曲川沿いで噴砂現象。

もっと

南海トラフ地震の被害想定:朝日新聞デジタル

地域防災計画等を閲覧できます。 1847年5月8日 (弘化4) (善光寺地震) 7.4 松代領で死者2,695人、負傷者2,289人、家屋全壊9,550棟。

もっと

地震に備えて/長野県警察

30年以内ならまだ平気でしょ・・・などと 油断せず、防災グッズ、備蓄、被災時の行動、避難場所の確認、家族での話し合いなど、しっかりと備えておくようにしましょう。 奈良地方気象台のページです。

もっと

地震に備えて/長野県警察

2014年11月22日の長野県北部の地震(M6.7)では、長野県内で最大震度6弱を観測し、建物全壊77棟などの被害が生じました (平成27年1月5日現在、消防庁調べ)。 震源域は、静岡県西部付近から三重県の沖にまで達しました。 【平成16年(2004年)新潟県中越地震】• 1週間後も230万人に支障 電力施設の被災や需給が不安定になることで、被災直後に2710万軒、1週間後も88万軒が停電する。 東海・東南海・南海地震については、今後30年以内の発生確率が非常に高く、これら3つの地震は将来連動して発生する可能性も高いことから、これら3つの地震の時空間的な連動性を評価するため、海底稠密地震・津波・地殻変動観測や物理モデルの構築、シミュレーション研究、強震動・津波予測、被害想定研究等を総合的に行っています。

もっと

岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

そのため、長野県は県外から多くの避難者を受け入れ支援してくれた代表的な自治体の一つと感謝されていますが、このときと比較すると南海トラフ巨大地震の長野県についての最大被害想定はより大きなものとなっています。 長期評価等• 地域防災計画や地震被害想定調査等の情報を閲覧できます。

もっと

南海トラフで発生する地震

4平方キロ 7000億円 2万3,000人 2万6,000人 8万5,000人 7,100人 1,900軒 - 6,000m 40万トン 徳島県 3万1,000人 13万3,000棟 117. 原発は運転停止状態が続く想定で推計 都市ガスは180万戸で使えなくなる。 (PDF 2. 防災・減災の記事一覧• 1858年4月23日 (安政5) 信濃北西部 5.7 大町付近を中心に被害。

もっと

南海トラフ地震の被害想定:朝日新聞デジタル

9平方キロ 3兆円 10万人 18万人 150万人 170万人 170万軒 4,600戸 1万300m 200万トン 山口県 200人 4,800棟 17. 7MB) 「伊那谷断層帯の評価(一部改訂)」とあわせて示した、予測震度分布図です。 5想定項目 想定地震に基づき、地震動や液状化等の自然現象予測、建築物や死傷者等の物的・人的被害想定を行いました。 慶長地震(けいちょうじしん)は前回の明応地震の 107年後の1707年10月28日発生した南海トラフ地震です。 2004年10月23日 (平成16) ( 平成16年(2004年) 新潟県中越地震) 6.8 負傷者3人。

もっと