大分 県 ニュース

OBSニュース

となっていてステージを1から2に引き上げる目安を2つの項目で上回っています。 (1)発熱時の受診方法 ・発熱や風邪などの症状のある方は、無理をせず、仕事や学校をお休みいただき 、「かかりつけ医など身近な医療機関」に電話で相談のうえ受診してください。

もっと

県政10大ニュース

訓練では火災によりホールに取り残された人をはしご車を使って救助するとともにけが人を担架に乗せてロープで降ろす手順を確認しました。

もっと

県政10大ニュース

なお、当センターは、例年インフルエンザの流行が始まる11月下旬に備え、11月16日からは24時間対応で相談を受け付けることとしています。

もっと

新型コロナウイルスに関するお知らせ

11人のうちの7人(40~60歳代)は、沖縄県に出張した後に感染が分かった会社経営の男性(50歳代)と10日に飲食店で会食。

もっと

県政10大ニュース

新型コロナウイルスについて県は1日の発表としては過去最多となる男女18人の感染が確認されたと28日に発表しました。

もっと

イチゴのハダニ類多発で注意報 大分県|ニュース|農政|JAcom 農業協同組合新聞

そのため、ルーペ等を用いてよく観察し、早期発見に努めて速やかに防除を実施するよう促している。 また県は別府市北浜の「ラウンジKT」について28日までに従業員や客など4人の感染が確認されていることを公表しました。 これを受け県は「医療への負荷が蓄積している」として感染状況を示すステージを1から2に引き上げました。 この訓練は施設の職員の防災意識を高めようと大分中央消防署と合同で毎年実施されています。

もっと

OBSニュース

11月16日以降に店を訪れた人に対し心配な場合は東部保健所0977-67-2511に相談してほしいと呼びかけています。 0 先端技術への挑戦~ ・環境観測衛星「てんこう」 県内企業4社が九州工業大学との共同開発、県内企業の高い技術力アピール ・ANA・JAXAと協働 宇宙空間での遠隔操作ロボット「アバター」活用を目指す「アバターXプログラム」参画 ・「OITAドローンフェスタ2018」県内初開催 最新鋭のドローン(小型無人機)が国内外から集結 ・介護ロボット等の機器開発・製造を推進、県医療ロボット・機器産業協議会に新部会立ち上げ 7 ラグビーテストマッチ大分開催 ~RWC2019に向け準備進む~ ・日本代表対イタリア代表のテストマッチ開催 25,824人が日本の快勝を観戦 ・ラグビーワールドカップ(RWC)公認キャンプ地決定、大分会場のプール戦で競う全6チームが県内に ・世界の名将エディ・ジョーンズ氏「大分・九州ラグビークリニック」等、ラグビーを通じ海外との交流広がる ・RWC日本大会公式ボランティア募集や交通輸送の試行実施等、大会運営や観光・おもてなしの準備進む ・ウェブ・エリス・カップ県内お披露目 1年前イベントに17,000人が来場する等、県民機運も醸成 8 「OITAえんむす部 出会いサポートセンター」登録者数1,000人に迫る ・「OITAえんむす部 出会いサポートセンター」開設 ・合計特殊出生率は1.62 全国第10位 2年連続1.6台をキープ ・保育所等における平成30年4月の待機児童数が13人へ 前年505人からの大幅減少達成 ・自立支援型ケアマネジメントによる高齢者QOL向上、要介護認定率の減少幅全国1位 ・九州各県初の取組 健康アプリ「おおいた歩得」本格運用開始 ・市町村国保の安定的な財政運営のため、県・市町村が一体となった国保運営がスタート ・「第13回食育推進全国大会inおおいた」開催、全国から33,500人参加 9 「おおいた和牛」誕生 ~「The・おおいた」ブランド絶好調~ ・「おおいた豊後牛」100年の節目に、新たなリーディングブランド「おおいた和牛」を立ち上げ 「かぼすヒラマサ」登場 「かぼすブリ」、「かぼすヒラメ」に続く第3弾 オリジナル新品種いちご「ベリーツ」順調 初競りで化粧箱入り12粒に最高10万円の値 おおいた乾しいたけ 全国乾椎茸品評会で20年連続、通算52回目の団体優勝 平成29年産米の食味ランキング「特A」評価を西部、豊肥で獲得 ・農林水産業による創出額が3年連続増加 目標額 2,500億円へ上方修正 ・昨年度の農林水産業の新規就業者数が過去最高の402人 ・「西国東地区」干拓地の堤防改修や大蘇ダムの完成等、生産者を支える基盤整備進む 10 世界初「世界温泉地サミット」開催 ~「おんせん県おおいた」世界へ発信~ ・世界温泉地サミットに国内外から1,039名参加、温泉文化の魅力、可能性について「サミット宣言」採択 ・外国人宿泊者数139万人 全国第12位、対前年伸び率 全国第1位に ・九州地域戦略会議「九州合同プロモーションin France」実施 英・仏でRWCを見据えたPR活動 ・「台中フローラ世界博覧会」での竹工芸出展や観光PR等、台湾プロモーション実施. ・診療可能な医療機関名は、患者が集中するなど混乱が懸念されるため、公表を控えさせていただきます。 16日には3人の感染が分かっており、店での感染者は10人になった。 ハダニ類は高温乾燥条件で多発しやすく、寄生密度が上昇してからでは防除が困難となる。

もっと