フロッグマン アナログ

【G

かといってもう一つ短くしようと思うとキツいので、その点だけ悩んでいますが、造形、裏のカエルも含めて満足しています。

もっと

GWF

そもそも「フロッグマン」とは、G-SHOCKで展開されるダイバーズウォッチの総称で、1993年に初代「DW-6300」が発売されている。 日本が世界に誇るカシオのGショック「フロッグマン」だ。

もっと

【楽天市場】【最大44倍&クーポン】CASIO G

7ミリ。

もっと

世界に誇るGショック「フロッグマン」が示す、ダイバーズウォッチの新境地|OCEANS オーシャンズウェブ

これは、分針などがインダイヤルと重なった際、針を一時的に移動させて表示を見やすくするための機能。

もっと

G

水中200m地点でかかる水圧の1. また、その素材特性を生かした外装構造により、タフネス性能を飛躍的に進化させると共に、 前作のGWF-D1000シリーズから22gの軽量化を実現し着け心地も向上しました。 実物見てみたいですね。

もっと

G

ISO規格200m潜水用防水機能を搭載しながらデザイン、素材、構造、機能において全方位的に進化した新生FROGMANの登場です。 アナログ針の方がパッと見た時に時間の確認がしやすいと言う人もいるでしょう。 伝統的な機械技術に頼る往年の時計メーカーと異なり、G-SHOCKの持ち味はカシオ計算機という精密機器メーカーが開発した先進テクノロジーがベースになっているところであり、「フロッグマン」もデジタル仕様で進化してきたのは当然だ。

もっと

10月16日 発売 G

初代には今やお馴染みの「FROGMAN」の文字がない。 開発には海難救助を行なう海上保安庁のアドバイスを参考に作られた。 この独自のスタイルは、裏蓋に刻まれた「潜水ガエル」とともに、現行モデルにも受け継がれるフロッグマンのアイコンになっている。 7mm。

もっと

あのG

カーボン繊維入りの強化樹脂は、吸水率が低く、加水分解を起こしにくいため高い防水機能と強度を誇り、カーボンモノコックケースでISO規格200m防水機能を実現しました。 G-SHOCKはデジタルそしてクオーツという宿命のために(いかに高機能化したとしても)高価格化を納得させることが難しく、これまでにも様々な試みを行っています。 そのうえでスマホと連携する最新のスマートリンク技術を備え、スタンドアローンからコネクテッドへの新境地も拓く。 なお、初代「DW-6300」が誕生した当時、G-SHOCKには「スピードモデル」「三つ目」などの愛称で呼ばれるモデルが存在していたが、これらはファンの間で自然発生したものに過ぎない。

もっと